Home News Diary Data Study Senses Shopping Cooking
生後6ヶ月
ママの状態 月齢別大百科 赤ちゃんの状態 コミュニケーション サポーター先生のページへ
応援メッセージへ
   
アヤさん

アヤさん(33歳)
大満足の自宅出産のあと待ち受けていたのは終わる事のないハハ業でした。 三者三様にとまどう事もありますがワイルドに遊ぶ子供を育てたいわーと3人連れて毎日お出かけ! 「なるようにしかならないんだから!」のお気楽育児、今日も実践中でーす。


ワタルのウルトラマンと格闘中
ワタルのウルトラマンと格闘中

オレは泳いでるんだよ
オレは泳いでるんだよ

なんだこれは…!!
なんだこれは…!!








★日記は、毎週水曜日に更新されます。どうぞお楽しみに!

12月3日(月)暑くても…寒くても…
コドモ達が通う自主保育は基本的に屋外で活動しているので暑かろうが寒かろうが雨が降ろうが風が吹こうが外にいます。(もちろん基本的になので児童館などに行ったりもしますけどね)6ヶ月になったばかりのツバサには過酷かもしれませんがそれも我が家に生まれた宿命。でも、外で過ごすと笑顔が違って見えるような気がするんだけど…それはワタシの自己満足なのかなぁ?
12月4日(火)イテテ
最近、チョコレートの事ばかり考えているワタシ。しかも、ナッツの入ったタイプのものが。ダメなのはわかっているんです。おっぱいに決してよいものではない事も…でもつい手が伸びてしまうワタシ。今日は授乳中のツバサに思いっきり噛まれてしまいました。イタイよーでも悪いのはワタシなんだよー。ごめんねツバサ。すると友人がチリチョコレートなるものがある事を教えてくれました。チリってあのチリペッパーのチリですよ!試しに一つ食べてみましたがカラーイ!!これならやめられそうです(爆)
12月5日(水)夕暮れ…
冬の東京は2時をすぎると夕暮れ時のようです。4時5時になるとすっかり日も暮れて…という感じ。もちろんもっと北に住むみなさんはもう少し早い時間にこれを感じるんでしょうね。ワタシは30年広島を離れることなく暮らしてきたのでこの早い夕暮れになかなかなれる事が出来ず一人寂しくなったりしていました。今では、そんな事も言ってられませんけど…。さぁ、暖かい家で夕暮れのひとときコドモと何をしましょうかね。
12月6日(木)枯れ葉
コドモ達が遊んでいる公園は枯れ葉の集積場のようなところがあってこの時期格好の遊び場になっています。ふかふかの枯れ葉にダイブして嬉々としているコドモ達。パンツの中にまで枯れ葉が入っている日もあり(どうやって入るかは不明)ワタシは首をかしげてしまいますよ。わが子達はダイブまでは出来ないようでカエデはしきりに靴に枯れ葉が入るのを気にしている様子。ワタルは地面を泳いでいました。お願いだから葉っぱを家まで連れて帰ってこないでねー
12月7日(金)離乳食
6ヶ月に突入したツバサ。現在8.5キロだし、もうそろそろ離乳食をはじめてもいいかなぁと挑戦してみる事に。実はツバサはおっぱい以外白湯しか口にした事がなくて(これは単にワタシがものぐさのため)大丈夫なのか??と思いつつ重湯を口に運んでみました。家族みんなが見守る中ごきげんに口に入れるツバサ!(と言っても3口ぐらい)なかなかいいスタート!!と嬉しいワタシでした。
12月8日(土)離乳食<2>
ところがですよ、一日立って同じように口に重湯を入れたらベーッとはき出すじゃないですか!なんだよー、食べろよー。カエデもワタルも「口に入れたものは出しちゃいけません!!」と怒っています。まだ、食べたくないってことなのかなぁ?ワタシとしてはまだまだおっぱいの匂いだけする赤ちゃんでいて欲しいから全然いいんだけど、お腹がすくのはキミなんだよ!!そう強く思ったのでした。
12月9日(日)忘年会
今日は母達の忘年会!オットにはずーいぶん前から宣言して休みを確保してもらうという万全の体制!ここでツバサの離乳食がもっと進んでいれば言う事なかったのですがうまくいかなかったので(涙)子供を3人置いて外出しました。VIVA!身軽なワタシ(大げさです、スイマセン)笑ったり泣いたりちょっと疲れましたが興奮冷めやらぬワタシ。次の時までにツバサがおっぱい卒業してますように…。まぁそう都合よくは行きませんよね。
★ここにはサポーターのアドバイスが入ります。

編集部よりコメント
アヤさんへ
ふかふかの枯葉にダイブする楽しさ、冬になると夕暮れが早くやってくること、灯りのついた暖かいお家に帰る幸せ…。外遊びには、その季節特有の楽しさを、たっぷり体験できることが多いような気がします。

「養老流 子育て論」によると、子どもは自然の側に属している、ということ。
大人たちは今、危機的状況の環境問題に試行錯誤中。
子どもが自然を体感できる環境を作ってあげること。これも対策の一つですね!
(So Da Tsu com 編集部)


Footer
日記 Top pageHome
(c) 2000-2007 So Da Tsu com All rights reserved.
まこさんの日記 あきこさんの日記 アヤさんの日記 むつみさんの日記 りへさんの日記 バックナンバーへ