e-ものバックナンバー

  • メルマガSoDaTsu com通信
  • ご意見・ご感想 お問い合わせはコチラ
  • ハッピーシリーズ 好評発売中

イチオシ!アプリ&書籍

e-もの見っけ

寝っころがって揺れるだけ!首、背中、腰…コリ解消!
カリスマ整体師が開発した「えいマット」

購入はコチラ
ママたちの感想はコチラ

掃除、洗濯、料理に、子どもの抱っこ、パソコン作業にスマホチェック……おかげで首はコリコリ、背中パンパン、腰も重だる~い!! そんなお疲れママに極楽マッサージグッズをご紹介。

「えいマット」という名の通り、魚の“エイ”みたいな不思議な形のクッションに、10個の突起がずらり。硬すぎず、柔らかすぎず、適度な弾力のある突起が、凝った部分にグイっとフィット。ガチガチの筋肉が揉みほぐされます。「うわー、そこ!そこ!!ふぅ~」と思わず声を上げてしまうほどの気持ちよさです。

このアイテムを開発監修した整体師・岩間良充先生にお話を伺いました!

―この極上の気持ちよさの秘訣は、どこにあるのでしょう?

このマットの上で仰向けになると、猫背で丸まっていた背中が伸びて、胸が開きます。そして、丸い突起が凝った筋肉をもみほぐし、血流を促します。
血流がよくなれば老廃物が流れ、筋肉に酸素や栄養がいきわたり、疲労回復につながるのです。


首すじや首の付け根をグイっと指圧!
デスクワーク疲れにキク~!

―突起の配置も絶妙だと思いました。

首から腰にかけて背骨に沿って走る「脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)」や肩甲骨周りをうまく揉みほぐせるように、配置だけでなく、突起の固さや向き、大きさ、それに素材の硬さにもずいぶんこだわりました。試作品を何度もつくり、ようやく完成した自信作です。

―自分のペースでゆらゆらと揺れるのも気持ちいいですね。

マットの底をカーブさせることで、適度なゆれを実現しました。筋肉を押しながら揺らす手法は、整体の手技で「圧迫磨耗刺激(あっぱくまもうしげき)」といいます。こうすると、筋肉が緩みやすくなるんです。


これ一つで、首も、背中も、腰にも!
絶妙なカーブで体がフィット。

―どう使うのが効果的ですか?


上半身が凝ったなあと思ったときはもちろんですが、予防のためにも毎日やってほしいですね。家事やパソコン、スマホで前かがみの猫背の姿勢で、首や背中、腰の筋肉はずーっと緊張を強いられています。それによって骨格まで間違った方向に引っ張り続けることになる。それがつらい痛みや凝りの原因なのです。ですから、毎日この緊張を緩めて骨を正しい位置にリセットしてほしいのです。

1~2分の使用でもじゅうぶんにスッキリしますが、デスクワークなどで体が凝り固まっているときは1日1回、各部合計8分間ほど使用するのがおすすめです。また当院を受診されている方には、猫背の姿勢改善のために、えいマットの上で10分間ばんざいの姿勢をとるように勧めています。


これ一つで、首も、背中も、腰にも!
絶妙なカーブで体がフィット。

両手におさまるほどのコロっとしたコンパクトな形状で、リビングに置いても邪魔にならないし、棚にも仕舞いやすい。おやすみ前のリラクゼーションタイムのお供にどうぞ♪

※産後は、1ヶ月過ぎから使用できます。
※骨粗しょう症の人、妊娠中でお腹が大きくなっている人、頚椎や腰椎、脊柱に持病のある人(ヘルニアや脊柱管狭窄症など)は、使用できません。
※痛みの強い人、筋肉ではなく骨や関節が痛む人は、マットを使用する前に必ず整形外科を受診してください。

Profile

岩間良充(いわま・よしみつ)

岩間良充(いわま・よしみつ)

鍼灸整骨院ホスピスト院長、柔道整復師、治療暦21年
平成19年、文京区本郷三丁目で「鍼灸整骨院ホスピスト」を開業。頭痛や腰痛、交通事故後のむち打ち症の治療の他、オリジナルの足首回しエクササイズ、産後の骨盤調整や美容鍼も人気。プロスポーツ選手も信頼を寄せる確かな技術で、リピート率93%を誇る。健康保険取扱、自賠責・労災指定院。

■Webサイト:http://www.hospist.com/
■著書:『足首を回すだけで9割の痛みは治る! 』、『頭痛は「たった1分のストレッチ」で治る!』講談社より好評発売中

購入はコチラ

「えいマット」の実力は…!?モニター・ママの感想

現在、生後4ヵ月の母乳育児中で、3時間ごとに授乳をしています。背中を丸めて前かがみの姿勢になりがちなので、首や肩甲骨まわりがパンパンに張ってしまって…。このえいマットは凝り固まっていた背中をほぐして、グーっと伸ばしてくれるので、本当に気持ちがいいです!
使いはじめの2~3日は突起が少し痛くも感じましたが、自分の気持ちの良い部分がわかりはじめると、まるで手で刺激されているような感覚に。正直、気軽に買える値段じゃない…と思っていたけど、実際に使ってみると納得のクオリティですね。毎日欠かさず使っているので、もはや生活の一部です(笑)。(ちえママ/38歳/神奈川県)

子どもを長時間抱っこしたあとや、ちょっと頭痛がするなーと思ったときに、えいマットの上でゴロゴロしています。私は首のコリから頭痛がはじまるタイプなのですが、えいマットの突起はガチガチに凝った首のつけ根にちょうど当たるので、いい頭痛解消アイテムになっています。
でも、背中や腰に当てるとマットの厚みで反りすぎてしまって、体のかたい私にはちょっと辛い…。また、夫は羨ましいことにコリのない人なので、突起の刺激が強すぎるみたい。人やパーツよって、合う・合わないがあるかもしれないですね。 (さとみっとん/32歳/静岡県)

生後5ヵ月のうちの子は、抱っこしていないとすぐにグズグズと泣き始めてしまうんです。ようやく寝てくれた!と思っても、布団におろすとすぐに目が覚めて…だからもう、1日中抱っこしている状態で(苦笑)。えいマットは、抱っこで凝った首筋や肩甲骨の間に絶妙に当たるので、1日1回、手が空いた夕方などに使っています。立ち仕事の夫は、腰と首が気持ちいいそうです。
写真をみたときは固い素材なのかな?と思っていたけど、硬すぎず柔らかすぎず、適度な弾力があって、ちょうどいい刺激。子どもがぶつけて怪我する心配もなさそうです。
仰向けの状態で、突起の位置をモゾモゾ調節するのはちょっと手間取るけど、慣れれば問題ないです。 (アキモト/29歳/福島県)

購入はコチラ

えいマット

価格/6648円(税別・送料別)
サイズ/幅28cm×長さ25cm×高さ10cm
材質/ポリウレタン 日本製


トップページ