妊娠・育児大百科

妊娠月・子どもの月齢ごとに、知りたい情報をギュッと集約。発育発達、母体の変化、今やるべきことetc.わかりやすく解説!

つわりがひどい時は医師に相談を

妊婦さんのなかには、つわり症状が強く現れる人もいます。つわりがあまりひどいと、おなかの赤ちゃんをうとましく思ってしまうかもしれません。でも、つわりは赤ちゃんが「ぼく(わたし)、ママのおなかの中にいるよ」と知らせる便りなので、赤ちゃんを嫌いにならないで! つらい時は家族の助けを借りたり、必要なら治療を受けながら乗り切りましょう。

嘔吐が続いて水分がとれない時は脱水が心配になります。輸液などの治療を受ける必要がありますから、早めに主治医に相談しましょう。唾液がいつも出る人はこのタイプに入るので注意しましょう。

「つわりぐらい、我慢できないなんて」という、家族の無理解な態度は一番困ります。家族にはつわりのつらさを伝えて、食事が作れない時は、代わりに作ってほしいなどと具体的な手助けを求めましょう。家で吐いてばかりいる妊婦さんも、外に出て気分転換をしたり、外食をするとウソのように食べられることもあります。

便秘は早めに解消しましょう

妊娠前は便秘でなかった人も、ホルモンの影響で便秘がちになりますし、つわりで食事や水分の量が減ると、症状が強くなります。頑固な便秘になる前に、以下のように早めに対処しましょう。

  • ★朝、起きぬけに冷たい水や牛乳を飲む。
  • ★朝食後などの便意を感じた時にゆっくりトイレタイムをつくる。
  • ★根菜、豆類、海藻、寒天など繊維質の多い食事を心がける。
  • ★適度に体を動かす。
  • ★乳酸菌を含む飲料などで腸内細菌のバランスをよくする。

以上のような対策で治らない時は、産科で早めに緩下剤を処方してもらうことも大切です。便秘が続くと痔の原因にもなります。妊娠中に多い痔を防ぐためにも、便秘は早めに治すのがコツです。

妊婦健診に通院する病院を決めましょう

赤ちゃんの頭からおしりまでの長さが「頭殿長」。

妊娠11週までは早期流産といって、主に胎児側に原因のある流産の心配がありますが、胎児心拍が確認できると、その可能性もほとんどなくなります。早期流産の心配がなくなったら、そろそろ、現住所の役所に妊娠届けを提出して、母子健康手帳の交付を受けます。

お産をする病院をどこにするか、考えていますか? 里帰り分娩を予定している人も、妊婦健診に通う病院を決める時期です。家族や先輩ママの意見なども聞いて情報を集め、決めましょう。

妊娠9~11週ごろまでに、超音波検査で赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ(CRL/頭殿長<とうでんちょう>)を測ると、正確な出産予定日がわかります。月経開始日から機械的に280日目と計算すると、月経周期が不順な人などは、不正確になったり、妊娠12週以後では赤ちゃんの大きさに個人差が出てきて、正確な妊娠週数がわかりにくくなります。

出産予定日を正しく知るためにも、早めに病院を決めて、スケジュール通りに妊婦健診を受けましょう。

【参考】
東京都内の産める施設が探せる!「東京出産.net」[外部リンク]

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠4ヶ月